「水の躍動」   魚止めの滝

「水の躍動」   魚止めの滝
水彩画のサイズ67 cm×48.5 cm

先日行った軽井沢の魚止めの滝
水量が少し前に雨で降ったもの凄い水量になっていますた。
この前描いたのは出すところの指定サイズに合わせて構成しましたので
もう1枚描く事にしました。

e0309795_15160870.jpg
とにかく自然の水の躍動に感激しました。
この絵は20号になります。
e0309795_15163272.jpg


最初にファーストウオッシュをしてマスキング水の描写になりました。

e0309795_15253519.jpg
それが終わったら、上の部分神様のご機嫌を取りつつ水彩絵の具を流しました。
e0309795_15263023.jpg
こちらは手前の草の部分にマスキングをして、やはり水彩の神様の機嫌を取りつつ水彩を流したのですが
面白くないので乾き始めた時少し変化を作るために水スプレーを施しました。
水スプレーは結果がどう出るか解らない所が有ります。
崖の木立を描いていきます。葉の所はマスキングをしています。
左の上に、いたずらにニホンカモシカをさりげなく入れてみました。
e0309795_15160870.jpg
出来上がりです。
上の部分にも木立を入れ、マスキングした葉にも色を入れます。

こちらの方が迫力が出るかなと思っています。
水の神様の気分次第で右側と上の部分を水彩の神様任せで遊んでみました。


[PR]
# by mtsk6451236 | 2017-12-06 15:36 | 2017の風景画 | Comments(0)

ようやく変化の兆し見えてきたかな「魚止めの滝」

先日息抜きと取材を兼ねて軽井沢の友人の所に行って来ました。
何処を見に行くと聞かれて、すぐ軽井沢に着いたら魚止めの滝に行きたい。
それが軽井沢に行く最大の希望です。
久しく魚止めの滝に入っていません。
水彩画の風景画を本腰入れて描く事になった滝です。
この半年 仕事の絵しか描いてなかったので、
ようやく自分の絵をトライ出来ます。
少しは、変わってきたと自分では思っています(^^)
今日その滝の絵が仕上がりました。

完成した魚止めの滝です。題名はまだ未定です。56cm×38cmです。

e0309795_16304983.jpg

今月来月、とても忙しく期日までの絵も多々在ります・・・少し焦っています( ´艸`)
軽井沢に久しぶりに行って魚止めの滝に、まっすぐ会いに行きました。
凄く水量が増えていて正面に行けませんでした。
下の写真は、いつも取材で立っている所です。上の写真の3段目です。
凄い水量だと解ると思います。

e0309795_16411582.jpg
e0309795_22475762.jpg
でも日の光りにキラキラと水がとても綺麗で感動。
その時の感動を忘れないうちに描いています。
マスキングを剥がしていない絵と剥がした後の絵です。
e0309795_16294151.jpg
e0309795_16300077.jpg
バックの部分は、思い切って遊んでみようと思っています。
失敗覚悟で・・・(^^;上手く行くと良いのですが。
この絵のバックが水彩の神様の気分次第に任せて、大胆に表現した部分です。
少しは雰囲気は出たかなと思っています。
e0309795_16301250.jpg
先ほどアップした画像を見て、これは直さなければと思った箇所です。
e0309795_16302744.jpg
手前の草の部分、完成の作品では半分影にしました。
これが完成した絵です。
e0309795_16304983.jpg


[PR]
# by mtsk6451236 | 2017-11-25 16:59 | 2017の風景画 | Comments(0)

楽しいクリスマスのワークショップを開催します。

**新宿のサクラアートサロンで講座を開催します**

e0309795_22453512.jpg

12月2日(土)にサクラアートサロンでワークショップを開きます。
急なお話で告知が遅くなり、まだ人数に余裕が有ります。
今回は、サクラアートサロンでクリスマスの課題で
ワークショップと言う事になりました。
いつもの渓流ではなく華やかな絵になりますが
技法は渓流に通じるものが多々あります。
私の好きな3色での色の変化や
塩を使った表現の仕方、水のスパッタリング
マスキングの使い方などや、見本の蝋燭は塩を使っていますが

その他に水彩の滲みぼかしを使って描く蝋燭など楽しく技法を学べるように考えています。
是非ご一緒にいかがですか。
どうぞよろしくお願いいたします。
サクラアートサロン
  東京都新宿区新宿3-1-22
       NSOビル9階
申し込み Tel 03-3351-2321
     fax 03-3356-1450



にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村
[PR]
# by mtsk6451236 | 2017-11-17 19:36 | Comments(0)

軽井沢の取材旅行とお知らせ

今週前半に取材に軽井沢に行って来ました。
いつも写真取材が主な私ですが、
今回短時間スケッチ。宿屋で色を入れました。
大きさははがき位、昔クロッキーに使っていた水彩紙を、
カットしたものです。スケッチブックはカバーが重いのでクリップで止めた
簡単なものです。水彩絵の具は顔彩の本当に小さい10cm角位で、
12色入っているのを使っていないので持って行きました。
後私の3色の小さいチューブ予備に…それでパレット代わりのお皿忘れて水彩紙の上を
パレット代わりに(笑)筆は100均の筆
何枚か描いて見ましたが、やっぱり水の表現好きなんだなと改めて感じました。
塩持って行くのを忘れたのでアジシオです(^^;
e0309795_22485143.jpg

今回、素敵な友人と知り合い、私の希望を入れてくれて
チョーハードな取材旅行になりました。
もちろん初めに取材は、私の水彩画の出発点の魚止めの滝。大滝。
久しぶりに北軽井沢の大滝、魚止めの滝に来ました。
先日の台風で水量が豊富で、凄い迫力にびっくりです。
特に魚止めの滝は圧巻でした。
e0309795_22472920.jpg
この流れの3段目に以前私は立って取材していましたが、余りの水量に胸いっぱい。
残念ながら、この水量で正面に行けませんでした。
e0309795_22475762.jpg
この魚止めの滝は北軽井沢にあります。
以前は、ほとんど人に会う事がありませんでした。熊注意の札だけです。
今回は、観光バスが2台これでは熊は大丈夫…観光地化されるチョットつまらない。
魚止めの上に、大滝が有ります。
昨年の冬、魚止めの滝と大滝を見たいと来たのですが
魚止めの滝は急坂なので、道路が塞がれていて大滝だけ見に行きました。
モチーフが目の前に在ると元気いっぱいに、大滝に向かっている所です。
雪が結構深く落ちないように…後続の人が心配して撮ってくれた写真です。
e0309795_23044832.jpg
今回の水量が多い大滝です。
以前は左側にも行けたのですが通行止め。水量が多いので手前の岩も水に被さって見えません。
e0309795_23042515.jpg
初めの日の終わりに行った龍返しの滝です。
写真より、大きさを感じる滝でした。
e0309795_23161757.jpg

今回 回った滝の中で、行った時は3時過ぎもう滝の周辺には光りが射していませんでしたが
中々面白い滝でモミジ滝と言います。その一部を描いたのが上にあるスケッチです。
下に降りれないので、可能な限りいろいろな角度から撮ってみました。
写真は全体像です。
e0309795_23234340.jpg
これから好きな題材の絵を描く時間が取れます。
気持ちだけはワクワクしています。

後 お知らせです。

今回12月2日(土)にサクラアートサロンでワークショップを開きます。
何時のの渓流ではなく
自宅教室で描いているとても楽しい課題です。
多分水彩絵の具の変化に
和気あいあい楽しめる課題だと思います。
もちろん渓流に使っている技法も入ります。
宜しくお願い致します。
e0309795_22453512.jpg
e0309795_22455977.jpg

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村
[PR]
# by mtsk6451236 | 2017-11-09 23:38 | その他 | Comments(0)

10月の課題の渓流描き方後編とワークショップのお知らせ

10月の課題の渓流の後編です。

この前のブログでは、右側の大きい岩を塩と描写をしましたが
今回はその反対側の大きい岩を描きます。
右側は、水を多くして塩を振りましたが、
こちらでは、水分量を少なくして振ってみます。
下2つが、少ない水でも出方が違う見本です。
e0309795_17205868.jpg
e0309795_17211989.jpg
さて見本は、置いといて渓流の描写になります。
e0309795_17160281.jpg
細かくマスキングのスパッタリングを入れる事により、色を入れやすく細かいスパッタリングは描き終わって取った時飛沫に変わります。
e0309795_17161994.jpg
この写真は、渓流を描いて、その段階で写真を撮るのを忘れ岩と木の根元の葉っぱのマスキングを取ってしまっています(^^;
マスキングを取る前に、水と岩の際の色を少し取ります。
渓流の下の部分は、白く残す所に色止め水を塗って、薄い色から塗ります。濡れているうちに波紋も入れ込み岩の下にも影の色を入れ込みます。
e0309795_17183085.jpg
渓流の部分のマスキングを取った所です。
(注)この時、余分に周りに大きい飛沫が有った場合、まだ描いたばかりなので濡れ筆で馴染ませると、周りの色が落ちて自然に見えます。
余りに大きい飛沫の時は色を入れて下さい。
e0309795_17195148.jpg
右側のマスキングをした岩に色を入れます。
最後に木の根元のバックに草の葉をフリーハンドで入れて完成です。
e0309795_17201506.jpg


お知らせ

今回12月2日(土)にサクラアートサロンでワークショップを開きます。
何時のの渓流ではなく
自宅教室で描いているとても楽しい課題です。
多分水彩絵の具の変化に
和気あいあい楽しめる課題だと思います。
もちろん渓流に使っている技法も入ります。
宜しくお願い致します。

e0309795_22453512.jpg
e0309795_22455977.jpg


にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村
[PR]
# by mtsk6451236 | 2017-11-04 17:49 | Comments(0)