カテゴリ:2017の風景画( 10 )

久しぶりに苔むした風景と苔むした岩のワンポイント

透明水彩サイズ6号です。

ここ1年ばかり塩を使った表現をしていません。

久し振りに苔むした風景を描いて見ようと思い立ちました。

只バックはあっさりとした雰囲気で描いて見ようと思っていますが・…どうなるかな

中間のバックが今の段階だと濃すぎるような感じがしますが

中間の日の当たった部分を表現するのに必要かな…あとで微調整するかも

e0309795_19254857.jpg

久しぶりなので塩を振った時と出来上がった岩を参考にアップします。

この絵の左下の大きい岩です。上がもう模様が出てきていますが

下に濃い色を流してもう1度塩を振っています。

e0309795_19270811.jpg

これが乾いて出来上がった岩です。もう少し大きく入れたかったのですが暖房が効き過ぎていたようで乾きが早かったです。
塩を使うとき模様は水分量で大分違います。
当然室温や風が関係してきます。

e0309795_19291327.jpg
もう一つの岩は小さい岩です。丁度影の岩なので色を直接入れ込んでいます。
これが塩を降りかけたばかりの画像です。まだ塩が溶けなくて粒粒が解ると思います。
e0309795_19342350.jpg
これが出来上がりです。岩の下は水面になる部分色を落としています。

e0309795_19362059.jpg

結構面白いでしょ( ´艸`)

今日はこれまで、今度のJWSのワークショップでは時間が取れたら
少し塩で表現をしたいと思っています。


********************************

「苔むした渓流の描き方」JWSのワークショップのお知らせ
まだ空きが有ります。興味のある方は、どうぞお気軽にご参加下さい。


東京展

「苔むした渓流の描き方」   小林啓子
水彩画講座(デモンストレーション)
日時:4月22日 土曜日 (13:30~15:30)
場所:アトリエアポロ 東京都千代田区神田1-15万平ビル1階 
定員:16名 (先着順)
参加費:4000円

大阪展

「苔むした渓流の描き方」   小林啓子
水彩画講座(デモンストレーション)
日時:5月19日 金曜日 (13:30~15:30)
場所:江之子島文化芸術創造センター 大阪市江之子島2-1-34
定員24名(先着順)
参加費4000円


JWSのホームページからの申込が出来ます。
https://www.jws.in.net/
又は下記のメールアドレスにお申込み下さい。
★ご参加方法 件名を「ワークショップ」にして下さい。
お名前・ご住所・電話番号等 ご連絡先を明記して
下記メールアドレス
ksenk3645@yahoo.co.jp

お知らせ
前回会場で集金しましたが講師が会場で会費を集金すると大切な時間が短くなりますので、今回の講座費用は振り込みにしたいと思います。

***********

今年の予定
   JWS丸善本店での展覧会が4月19日~25日
   個展が京王プラザホテルで5月1日から9日
   JWS大阪展が15日から21日
   淡路町カフェで1ヵ月個展

今年も頑張りますので、よろしくお願いいたします。

いつもありがとうございます。

よろしかったら↓↓ボチッと押して頂けるととても嬉しいです。


[PR]
by mtsk6451236 | 2017-03-29 19:41 | 2017の風景画 | Comments(0)

赤目48滝の清流もう少しで完成・・少し解説

この絵は長方形の絵です。
丁度中間から下の部分です。
題名は渓流の木漏れ日にしようかなと思っています。
e0309795_19210039.jpg


一番大切な光の当たっている所の描写が終わり…アップしなかったのですが
この部分が光の当たっている所です。この絵の一番大切な部分です


e0309795_19202371.jpg

光りを表現する為には影の部分が大切です。
今回コントラストを強く表現していたため
光りの下の影の部分描写が強く
奥に目線が行くために、一度水スプレーで色を落とし、
少しぼかした表現にしました。
100円ショップの化粧品の旅行用の小さい化粧水を入れるスプレーは
いろいろ使えて便利です( ´艸`)

e0309795_19204923.jpg




手前の流れの強い所は、細かいスパッタリングで表現
中間の穏やかな流れの描写筆にするか、
マスキングにするか最後まで迷ってマスキングを使いました。
これはこれで良かったのですが筆にすればとチョット反省
後は奥の流れの描写と、細かい部分調整で終わりです。
自分が思っていたより強い絵になりそうです。
今回この絵はJWS本展に出しますので完成はその時見てください。


 *****************************

「苔むした渓流の描き方」JWSのワークショップのお知らせ

JWSの東京展・大阪展のワークショップをさせて頂きます。
「苔むした渓流の描き方」
今回私は初めて2ヵ所ですることになりました。
苔の描き方・渓流のマスキングの使い方等の2時間のデモストレーションをさせて頂きます。
興味のある方は、どうぞお気軽にご参加下さい。

東京展
「苔むした渓流の描き方」   小林啓子
水彩画講座(デモンストレーション)
日時:4月22日 土曜日 (13:30~15:30)
場所:アトリエアポロ 東京都千代田区神田1-15万平ビル1階 
定員:16名 (先着順)
参加費:4000円
大阪展
「苔むした渓流の描き方」   小林啓子
水彩画講座(デモンストレーション)
日時:5月19日 金曜日 (13:30~15:30)
場所:江之子島文化芸術創造センター 大阪市江之子島2-1-34
定員24名(先着順)
参加費4000円
JWSのホームページからの申込が出来ます。
https://www.jws.in.net/
又は下記のメールアドレスにお申込み下さい。
★ご参加方法 件名を「ワークショップ」にして下さい。
お名前・ご住所・電話番号等 ご連絡先を明記して
下記メールアドレス
ksenk3645@yahoo.co.jp

[PR]
by mtsk6451236 | 2017-03-11 19:36 | 2017の風景画 | Comments(0)

描き始めた縦長の赤目48滝の清流の途中

描き始めた縦長の風景画の途中
ここのところチョット用事で2日描けなくあまり進んでいません
この絵は、渓流に差し込む陽の光が大切。
光りを表現する為に影になる部分を丁重に描いています。
明るい所を強調する為に影はとても大切な表現になります。
***
影は、単なる黒で表現しません。
私のパレットには黒・白は有りません。
物の影は日の差し込む入り口は、光りが当たっているとこの反射が在り
奥に行くにつれて段々暗くなります。
描いている風景の中の色が溶け込んでいて決して単調な黒ではありません。
***
明日も少し時間が取れるので、左側の光の当たっている岩の部分と余分なマスキングの処理をしたいと思います。
多分左側に大きい影の部分が有りますが、そこは原色を紙の上で混色すると思います。ではでは


e0309795_23003896.jpg

「苔むした渓流の描き方」JWSのワークショップのお知らせ

JWSの東京展・大阪展のワークショップをさせて頂きます。
「苔むした渓流の描き方」
今回私は初めて2ヵ所ですることになりました。
苔の描き方・渓流のマスキングの使い方等の2時間のデモストレーションをさせて頂きます。
興味のある方は、どうぞお気軽にご参加下さい。

東京展
「苔むした渓流の描き方」   小林啓子
水彩画講座(デモンストレーション)
日時:4月22日 土曜日 (13:30~15:30)
場所:アトリエアポロ 東京都千代田区神田1-15万平ビル1階 
定員:16名 (先着順)
参加費:4000円
大阪展
「苔むした渓流の描き方」   小林啓子
水彩画講座(デモンストレーション)
日時:5月19日 金曜日 (13:30~15:30)
場所:江之子島文化芸術創造センター 大阪市江之子島2-1-34
定員24名(先着順)
参加費4000円
JWSのホームページからの申込が出来ます。
https://www.jws.in.net/
又は下記のメールアドレスにお申込み下さい。
★ご参加方法 件名を「ワークショップ」にして下さい。
お名前・ご住所・電話番号等 ご連絡先を明記して
下記メールアドレス
ksenk3645@yahoo.co.jp


[PR]
by mtsk6451236 | 2017-03-06 23:08 | 2017の風景画 | Comments(0)

試して楽しい水遊びの器( ´艸`)

今月の自由課題の教室で描いた
水遊びしながら、水彩絵の具の垂らしこみ、ぼかし、
水のスパッタリング等々これがとても面白い
遊びながら思いもかけない模様が出来たり、やりすぎで???になったのを
水で塗れている状態なら又遊べる。
遊びすぎると汚い色になりますが
これも勉強。生徒さんには器の形だけ取って貰って
中は、その人の好きな色で表現してみました。
写真は私の作品ですが、ブルーの器は色を思い切って地中海( ´艸`)
今月は楽しい教室でした。


e0309795_19183493.jpg
前回説明した文です。
始めに使う予想のつく絵の具を、きちんと用意する事

塗る部分にしっかり水を塗ります。
その中に、いろいろな絵の具の色をたらしこんだりします。

e0309795_19185262.jpg

始めは薄い色から、水の渇き具合を見ながら濃い色を
画面を縦にしたりして流したり、水のスパッタリングをしたり
絵の具が含んだ筆を絞って落としたり
自由に遊び感覚で絵の具を落とす事により、
絵の具のにじみやボカシやカリフラワー等が良く解ります。



*****お知らせ****

4月の第7回日本透明水彩会展に合わせて、アトリエアポロ(神田)
大阪展の会場江之子島文化芸術創造センター
JWS会員によるワークショップーが多数開催されます。
私は東京展と大阪展2か所で2時間のデモストレーションをさせて頂きます。
付随した「苔むした渓流の描き方」をします。
興味のある方は、どうぞお気軽にご参加下さい。

(注意)受け付けは、一斉に3月1日からです。
東京展
「苔むした渓流の描き方」   小林啓子
水彩画講座(デモンストレーション)
日時:4月22日 土曜日 (13:30~15:30)
場所:アトリエアポロ 東京都千代田区神田1-15万平ビル1階 
定員:16名 (先着順)
参加費:4000円
大阪展
「苔むした渓流の描き方」   小林啓子
水彩画講座(デモンストレーション)
日時:5月19日 金曜日 (13:30~15:30)
場所:江之子島文化芸術創造センター 大阪市江之子島2-1-34
定員24名(先着順)
参加費4000円
JWSのホームページからの申込が出来ます。
https://www.jws.in.net/

又は下記のメールアドレスにお申込み下さい。
★ご参加方法 件名を「ワークショップ」にして下さい。
お名前、ご住所・ご連絡先を明記して
下記メールアドレス
ksenk3645@yahoo.co.jp


どうぞよろしくお願いいたします。

いつもありがとうございます。
イイネ↓↓ポチッと押して頂けると嬉しいです

[PR]
by mtsk6451236 | 2017-02-24 19:21 | 2017の風景画 | Comments(0)

今日の自宅教室

今日は自由課題の日
いつも自由課題と言いつつ静物をセッティングして皆さんと
一緒に描いても良いと言う事になっています。それも勉強にはなるのですが
自由課題の日は、水彩の基礎を楽しく遊びながら出来ないかと考え
本箱を見れば水彩画家さんの技法書が沢山。
水彩を描き始めた時、参考にと買った本がほとんど手付かずに
非常にもったいないと、その中から楽しんで描けるようなものを
選んでやる事にしました。

e0309795_19414224.jpg

今日はJWSの福井さんの本からウエットインウエットで描く
垂らしこみでの器を参考に描きました。

始めに使う予想のつく絵の具を、きちんと用意する事・・これが中々出来ません。
使う濃い目の色を少し多めに作り、
その筆に残った色を別のコーナーで水で溶かします。
そうすると、濃淡の2色の絵の具が出来ますし、
絵の具を綺麗に使いきれます。
薄い色が足らなくなったら、濃い色から取って
すぐに使いたい濃度の色が出来ます。
皆さんは、使う絵の具を沢山作りなさいと言うと、
作った絵の具に水を沢山いれてしまいます(笑)

塗る部分にしっかり水を塗ります。
その中に、いろいろな絵の具の色をたらしこんだりします。

始めは薄い色から、水の渇き具合を見ながら濃い色を
画面を縦にしたりして流したり、水のスパッタリングをしたり
絵の具が含んだ筆を絞って落としたり
自由に遊び感覚で絵の具を落とす事により、
絵の具のにじみやボカシやカリフラワー等が良く解ります。

e0309795_19411124.jpg

注意点は、変化が面白くせっかく良い感じになってきた模様が
やりすぎてイマイチになる事が有ります。
ほどほどな遊びでやってください。

e0309795_19373313.jpg

後先日の椿の葉を描く時の光りの部分に初め水を置いてから
と言うのが、良く解らないと言う事で
ナスを使って、同じ表現と影の作り方をしました。






*****お知らせ****

4月の第7回日本透明水彩会展に合わせて、アトリエアポロ(神田)
大阪展の会場江之子島文化芸術創造センター
JWS会員によるワークショップーが多数開催されます。
私は東京展と大阪展2か所で2時間のデモストレーションをさせて頂きます。
付随した「苔むした渓流の描き方」をします。
興味のある方は、どうぞお気軽にご参加下さい。

(注意)受け付けは、一斉に3月1日からです。
東京展
「苔むした渓流の描き方」   小林啓子
水彩画講座(デモンストレーション)
日時:4月22日 土曜日 (13:30~15:30)
場所:アトリエアポロ 東京都千代田区神田1-15万平ビル1階 
定員:16名 (先着順)
参加費:4000円
大阪展
「苔むした渓流の描き方」   小林啓子
水彩画講座(デモンストレーション)
日時:5月19日 金曜日 (13:30~15:30)
場所:江之子島文化芸術創造センター 大阪市江之子島2-1-34
定員24名(先着順)
参加費4000円
JWSのホームページからの申込が出来ます。
https://www.jws.in.net/

又は下記のメールアドレスにお申込み下さい。
★ご参加方法 件名を「ワークショップ」にして下さい。
お名前、ご住所・ご連絡先を明記して
下記メールアドレス
ksenk3645@yahoo.co.jp


どうぞよろしくお願いいたします。

いつもありがとうございます。
イイネ↓↓ポチッと押して頂けると嬉しいです

[PR]
by mtsk6451236 | 2017-02-21 19:59 | 2017の風景画 | Comments(0)

「早春の輝き」と、お知らせ 

e0309795_19533673.jpg
6号 アルシュ 
お正月に行った静岡県の滑川渓谷です。
遊歩道のかなり下の方で丁度陽の光が射していたので
急斜面を降りて取材したところです。
先日描いた渓流と同じ場所です。
今回の場所は陽光に恵まれ描きたい所が多々あり
とっても嬉しいです・・・・こうゆう事は最近滅多にないです(笑)
いつもの感じと違う場所。
始めはペース良く描いていたのですが
画面に対して細かい風景チョット大き目に描けばよかったと反省。
陽の光は表現できたかなと・・・


*****お知らせです。

e0309795_19260117.jpg
4月の第7回日本透明水彩会展に合わせて、アトリエアポロ(神田)
大阪展の会場江之子島文化芸術創造センター
JWS会員によるワークショップーが多数開催されます。
私は東京展と大阪展2か所で2時間のデモストレーションをさせて頂きます。
付随した「苔むした渓流の描き方」をします。
興味のある方は、どうぞお気軽にご参加下さい。

(注意)受け付けは、一斉に3月1日からです。

東京展
「苔むした渓流の描き方」   小林啓子
水彩画講座(デモンストレーション)
日時:4月22日 土曜日 (13:30~15:30)
場所:アトリエアポロ 東京都千代田区神田1-15万平ビル1階 
定員:16名 (先着順)
参加費:4000円
大阪展
「苔むした渓流の描き方」   小林啓子
水彩画講座(デモンストレーション)
日時:5月19日 金曜日 (13:30~15:30)
場所:江之子島文化芸術創造センター 大阪市江之子島2-1-34
定員24名(先着順)
参加費4000円
JWSのホームページからの申込が出来ます。
https://www.jws.in.net/

又は下記のメールアドレスにお申込み下さい。
★ご参加方法 件名を「ワークショップ」にして下さい。
お名前、ご住所・ご連絡先を明記して
下記メールアドレス
ksenk3645@yahoo.co.jp


どうぞよろしくお願いいたします。

いつもありがとうございます。
イイネ↓↓ポチッと押して頂けると嬉しいです。

[PR]
by mtsk6451236 | 2017-02-20 20:00 | 2017の風景画 | Comments(0)

今月の課題 お約束の椿の過程

1月の教室は課題で椿の花です。

先日アップした絵で写真撮りをしていましたが

一部変更しましたので、写真は織り交ぜて使う事にしました。

明日も教室が有るのですが、今日の教室での椿の花です。

e0309795_19392638.jpg
もとはこの写真から起こしました。
多少解り難い所は変えてあります。

  
e0309795_19432138.jpg
以前にアップした絵は、枝の部分もマスキングをしていたのですが、
今回は花芯と中央の葉の茂っている部分の枝だけマスキングをしました。           
使った色は、前回書いたように シャドーグリーン・ピロールレッド・イミダゾロンイエローで描いて見ました。
e0309795_19500561.jpg
初めに画面を水で濡らし・・・その時画面一杯に塗るのではなく両端に余白を残す事。                                     しっかり水が濡れているか確認する事。
そこに葉の部分にあたる所に、シャドーグリーンを流します(下の写真は枝の部分をマスキング以前の写真です)
e0309795_19560304.jpg
濡れているうちに花の部分にピロールレッドを流します。(下の写真は枝の部分をマスキング以前の写真です)
e0309795_19572542.jpg
そこに水のスパッタリングをします。
水の状態を見て、余り水が多いと滲みが大きく広がります。自分の好きな大きさにしたいのならドライヤーを使います。
気を付けないといけないことは水の量です。広範囲にやる時はドライヤーの扱いにも注意してください。
下の画像は今日の枝をマスキングにしない絵の画像です。ドライヤーを使いました。
この滲みが、バックと花と葉の下地に良い雰囲気を出します。
e0309795_20044667.jpg
                                      
描き初め椿の花と葉の説明をしました。
ボカシの使い方です。
前にワンポイントアドバイスで、皆さんが失敗する方法の逆です。
良く皆さんは濃い目の水彩絵の具に、水の多い水彩絵の具を塗ります。
そうすると濃い色が端に寄って、いわゆるカリフラワー状態になります。

今回はその間違いが多いため課題にしました。
まず花びらの色の薄い所に水を塗ります。そこに濃い色のピロールレッドを塗ります。
その時花びらの縁から少し離れた所までです。もちろん水を塗った所に接触させます。そうすると自然に色が滲んでいきます。
葉も同じようにします・・・もちろん水でなくても薄い濃度の水彩絵の具を水の代わりに使ってもOKです。
e0309795_20213790.jpg
解りますか、一応花の部分だけ抜粋しておきます。
e0309795_20314164.jpg
それを踏まえて、花や葉を塗っていきます。
後この花芯ですが、マスキングを取る前に、イミダゾロンイエローで花芯の所のピロールレッドを薄く落とします。
その後中心の部分だけピロールレッドを塗ります。その後乾いてからマスキングを外してイミダゾロンイエローを花芯のトップに塗ります。
花芯のトップの下のしべは乾いてから上のイミダゾロンイエローの下に水を塗り濃いピロールレッド下から滲ませます。
この絵に使ったシャドーグリーン・ピロールレッド・イミダゾロンイエロー3色を混ぜると、程良い茶系になります。
その色を使って枝を描きます。葉の部分はいろいろ遊んでいます。
以上仕上がりになります。
e0309795_20442776.jpg

今年の予定
   JWS丸善本店での展覧会が4月19日~25日
   個展が京王プラザホテルで5月1日から9日
   JWS大阪展が15日から21日
   淡路町カフェで1ヵ月個展

今年も頑張りますので、よろしくお願いいたします。

いつもありがとうございます。

よろしかったら↓↓ボチッと押して頂けるととても嬉しいです。


[PR]
by mtsk6451236 | 2017-01-26 20:54 | 2017の風景画 | Comments(0)

滑沢渓谷の渓流

滑沢渓谷は天城峠の北側、狩野川の支流にあたる深い樹林に包まれた渓谷。
透き通る水、川底の石の色、
形まではっきりと見て取れるほど清らかな水の流れに魅せられて
先日描いた場所を角度を変えて描いて見ました。

e0309795_10130711.jpg

今年の予定
   JWS丸善本店での展覧会が4月19日~25日
   個展が京王プラザホテルで5月1たちから9日
   JWS大阪展が15日から21日
   淡路町カフェで1ヵ月個展

今年も頑張りますので、よろしくお願いいたします。

いつもありがとうございます。




[PR]
by mtsk6451236 | 2017-01-23 10:21 | 2017の風景画 | Comments(0)

今月の課題は花です。月末に過程をアップします。

1月の教室は花の課題です。

いろいろ考えて、試し描きをしました。
只ウォーターフォードのホワイトが欠品の時ナチュラルを何冊か買ってしまったんで
試し描きの時は、ナチュラルを使っています。
花のような絵にはチョット色が鈍いです。

教室ではホワイトを使います・・・・後日過程をアップする時はナチュラルで描いた方です。


一枚目は三色だけで描いた椿・・・・私の三色ではありません( ´艸`)
シャドーグリーン・ピロールレッド・イミダゾロンイエローで描いて見ました。
単色で色のグラデーションをやりたいと思いました。
バックに色を流したので、教室の時はマスキングをした方が良いと思って枝を抜きましたが
非常に勢いのない枝になりました…反省
教室では、抜かないで筆の勢いで描くことをしたいと思います。

e0309795_16544986.jpg


2枚目は描いてから、違う色で流して雰囲気を出した絵です。
この絵のマスキングは花芯だけですが
教室で描く時は、思い切って色を流せないと思うので、花だけマスキングをしようと思っています。

e0309795_16581694.jpg



今年の予定
   JWS丸善本店での展覧会が4月19日~25日
   個展が京王プラザホテルで5月1たちから9日
   JWS大阪展が15日から21日
   淡路町カフェで1ヵ月個展

今年も頑張りますので、よろしくお願いいたします。

いつもありがとうございます。

よろしかったら↓↓ボチッと押して頂けるととても嬉しいです。


にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by mtsk6451236 | 2017-01-14 17:05 | 2017の風景画 | Comments(2)

今年スタートの絵です。滑沢渓谷の渓流

お正月に行った滑沢渓谷の渓流を描いて見ました。

e0309795_21531458.jpg


滑沢渓谷は天城峠の北側、狩野川の支流にあたる深い樹林に包まれた渓谷。
透き通る水、川底の石の色、
形まではっきりと見て取れるほど清らかな水が流れています。

本当に透明感成る川底でした。

この渓流の流れは、今まで表現したことが無いものでした。
さてどうするかと、暫し試案。

e0309795_21551543.jpg


ふと思いついて、竹串を束にしてマスキングを付けて描いて見ました。
まだ改良の余地がありますが感じは出ていると思います。

e0309795_21571436.jpg


私は、絵の表現にいろいろな物を使用します。
結果オーライで良いかなと(笑)
絵の描き方は、その人の自由で良いと思っています。
ただ、透明水彩の良さである紙の白は大切にしています。
紙の白の輝きそれに魅せられています。
自然の景色は同じものは有りません。
描きたいなと思った場所を、どう表現するかと考えるのも
楽しんでいます。

では後で、もう1枚同じ場所の流れを描いて見たいと思っています。


今年の予定
   JWS丸善本店での展覧会が4月19日~25日
   個展が京王プラザホテルで5月1たちから9日
   JWS大阪展が15日から21日
   淡路町カフェで1ヵ月個展

今年も頑張りますので、よろしくお願いいたします。

いつもありがとうございます。

よろしかったら↓↓ボチッと押して頂けるととても嬉しいです。


にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by mtsk6451236 | 2017-01-09 22:07 | 2017の風景画 | Comments(0)