「ほっ」と。キャンペーン

<   2016年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

11月の課題の一つ干支鶏の描き方

もう早い物です。
11月も下旬になります。
さて自宅教室では夕焼けの風景と来年の鶏年の干支の描き方をしました。
スタート時に遅れる人が出たために、初め風景その後に干支を描こうと思っていましたが
時間の関係上干支のマスキングの渇き待ちの時に風景画の下描きその他入れ込んで
毎回大騒ぎの楽しい教室が終わりました。
干支の絵は比較的優しいので描き方をアップしました。
毎回同じ店の干支を買うために、柄や形が同じようなので
バックで変化を付けています。
今回は梅の花をイメージにボカシを入れました。

出来上がりの干支です。
e0309795_1836528.jpg


下描きをします。
e0309795_18372816.jpg


下描きの上にマスキングをしますから、マスキングの下になる部分は濃い目に描いてください。
鉛筆の色がマスキングにより落ちます。
e0309795_18392883.jpg


マスキングが乾いたら水で紙を濡らします。
梅の感じに色を入れますが薄く鉛筆でアウトライン書いておくと楽です。
出来上がりの線の1cmほど内側に溶いた色を入れます。
色は何色でも良いですが今回、この絵に使った色は
バーミリオンヒューとピエールレッドシートの混色で梅に色を出しました。
e0309795_1901632.jpg


梅の色が乾いたらマスキングを外します。
外した後に胴体の所の模様の松竹梅にマスキングをします。
この時の写真は忘れました(^^;)
e0309795_18504363.jpg


マスキングが乾くまでその周辺に色を入れます。
影の部分は、赤い色は反射していることを意識して入れて行きます。
影の色はバーミリオンヒューとピエールレッドシートの混色にフタロブルーレッドシートを入れて作りました。
尾羽の黒はインディゴとピエールレッドシードの混色
嘴はカドミュムイエローです。
e0309795_196996.jpg


色を塗り終わったらどうの部分のマスキングを剥がして色を入れます。
この写真は土鈴の胴の模様の部分です。
e0309795_19243066.jpg


松竹梅の周りやその他の所に金の色が入っています。
昨年はそれに近い色を出しましたが今回は少し楽をしてこうゆうペンで処理をしました。
**www.mpuni.co.jp/products/ballpoint_pens/
ユニボール シグノ 極細シリーズ. 顔料インクだから、ずっと鮮やか、にじまない。 カラフルインクで、充実のラインナップを揃えています。顔料インクを使用しているので、なめらかでにじまないゲルインクボールペンです。
e0309795_19231716.jpg

それでこうなりました・・・拡大の為少し画像が悪いです。
e0309795_19244742.jpg


出来上がりは上部に掲載した絵になります。

その後夕景の風景画を描きました。
e0309795_1926516.jpg



いつもありがとうございます。

よろしかったら↓ボチッと押して頂けるととても嬉しいです。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by mtsk6451236 | 2016-11-24 19:32 | 2016年の水彩画 | Comments(0)

渓流(仮題)とラバークリーナーのワンポイントアドバイス

今回は伊豆の川津7滝の上流にある滑沢渓谷の一部を切り取った

渓流を描きました。

取材旅行で撮った写真から、一部光りが入っていて使えそうなので、

その部分だけ切り取りました。

出来上がった絵ですが滝口の右側の明るい岩は暗くするのを忘れましたので

その後修正してあります。

e0309795_1932524.jpg


いつも水の部分は最後に描きます。

水以外出来上がっていたのですが、水の所は一気に描いていきます。

テンション上がるまで、今回中々踏ん切りがつきませんでした。

その分ヤッパリ手数が多くなってしまいました。

e0309795_19345784.jpg


一番下の大きな岩久しぶりに塩を使ってみました。

中間の小さい岩が在るところまで一気に水を描きます。

e0309795_19365287.jpg


描き終わったら下の水も表現します。

この写真が現場の写真です。

e0309795_19395418.jpg


******
ラバークリーナーのワンポイントアドバイス

先日阿部さんの出版記念個展に行った時

彼の本にも書いてありますが、直接教えて頂きとても良かったのでアップします。

以前のラバークリーナー厚い物が売っていましたが

現在作るのが中止になり、私も最後の在庫でどうしようと考えていました。

今のマスキングのラバークリーナーは、薄いタイプになってしまいました。

薄いと力が入らずとても不便でした。

教えて頂いた薄いラバークリーナーを何枚か重ね合わせて、クリップなので数時間抑えると

くっつくと言う事を早速試してみました。

私はクリップの他重石など使いましたが

しっかり付きました。写真はそれを半分に切って使用しています。

アップするために端を揃えれば良かったんですが、ご愛敬と言う事で(笑)

e0309795_19475436.jpg



いつもありがとうございます。

よろしかったら↓ボチッと押して頂けるととても嬉しいです。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by mtsk6451236 | 2016-11-17 19:52 | 2016年の水彩画 | Comments(0)

不思議な静寂の絵。それと苔の描き方のワンポイントアドバイス。

e0309795_1340737.jpg

先日描き始めた絵が出来ました。
今までとチョット表現の仕方が違うので本人よく解りません(笑)
今年からようやく絵を崩すことにトライが出来るようになりました。
たぶん画材慣れを自分なりに出来て来たからかと思います。
初めから崩したいと思っていましたが…いつも言葉ばかり
中々どう崩していいか解りませんでした。イメージだけで(^^;)
それならしっかり描写をすることで見えてくるものが有ると思いました。
ようやくトライ出来る状態になったのは昨年の出版の為に多くの今まで
自分がモチーフにしなかった物まで描いた事で力が付いたのだと思います。
臨場感を出したいと私の課題ですが
変えてからの作品は、自分でも戸惑うぐらいの変化が出ています。
この絵も、このブルーの色に魅かれて一人コースから外れて撮ってきた写真から起こしましたが、
その静寂さを表したいと思って処理していました。
どこか不思議な世界になりました。
この描き方だと、より迫力や臨場感が出るようです。
良いか悪いか解りませんがこの路線で少し試行錯誤したいと思っています。

後苔を描く時の塩の使い方ですが技法書にも書きましたが
絵の具の水分量で出る模様が違います。
水が少し多いと下のような模様が出ます。
もっと多いと広がりが多くなります。
e0309795_13424358.jpg


水が少ないと細かい模様が出ます。
e0309795_1343344.jpg


さて絵を描いている友人が試してみたが上手く出来なかったと
作品を見てみたら、かなり濃度の高い絵の具に塩を振っていました。
あまり濃度の高い水彩液だと、塩が解けずらくなります。
普通の方が描く水彩では、色を濃く置くことが中々出来きない方が多いので
あまり心配していませんが、濃いと絵の具と塩が一体化して中々塩が落ちなくなります。
塩が残っていると紙が劣化しますので注意が必要です。

下の絵は、塩を使って描いた作品の一部です。
参考に楽しんでください。
e0309795_13493140.jpg


いつもありがとうございます。

よろしかったら↓ボチッと押して頂けるととても嬉しいです。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by mtsk6451236 | 2016-11-03 13:53 | Comments(0)