上高地の渓流(仮題)

Watercolor.
It is size 40 cm × 30 cm
題名未定 上高地の渓流です。
もう10年前に友人と初めて上高地に行きました。
それから2度ほど訪れていますがいつ行っても
とても美しい山々と透き通ったエメラルドグリーンの
渓流が迎えてくれます。
現場の写真です。
e0309795_17550224.jpg
この少しの段差に落ち込んでいる水の流れの美しさを
いつか描こうと思っていましたが
このまま描くのにイマイチぴんと来なかったので
お蔵状態でしたが
気になって今回光の動線を強くアレンジして描いて見ました。
今回はあまり写真を撮っていませんでしたが
チョットだけ技法??かな(笑)工夫した描き方?
正面の2本の木左側には始め枝も描いていたのですが
途中で邪魔なので省略
2本の木は写真を見ると複雑な模様
始めにマスキングで小さいスタンプを施します。

e0309795_17590627.jpg
バックを先に描きますから木の部分は、
バックを描いてからマスキングを剥がしてから
スタンプマスキングをします。
その上に、そのに木あった色を入れ込み塩を振ります。

e0309795_17591765.jpg
こんな感じに出来上がります。
仕上がった絵です。
e0309795_17551495.jpg



今年の予定

3月11日から16日  水彩の饗宴Vo1.2 3人展


4月17日から23日    JWS本展


4月25日から29日    フェブリアーノ出展


5月29日から6月4日   2019「花のゆくえ」横浜展


8月19日から24日      Emotion2019


9月2日から7日       2019「花のゆくえ」東京展


よろしくお願いします。











# by mtsk6451236 | 2019-02-06 18:23 | 2019年風景画 | Comments(0)

今年初の教室課 題雪の南天の描き方

今日は今年初の教室です。
今回は生徒さんの要望で南天を課題にしました。
只南天を描くだけだと詰まらないので
雪の南天を描く事にしました。
写真はPCの無料画像から少し変形させて使いました。
4時間の授業です。
実の多い南天、簡単に描けるようにいろいろ考えてみました。
これが出来上がりです。

e0309795_18435115.jpg
今回雪の透明感を出す為のマスキングにアルミ箔を使いました。
又ハイライトにマスキングや手で抜く事をしないで
綿棒を使用しています…綿棒は片方尖ったのが付いている物を使いました。
                    
e0309795_18421547.jpg
まず南天の雪がかかっている部分にアルミ箔を潰したもので、スタンプします。
その時付け過ぎず,試し紙で試してから付けてください。
e0309795_19145363.jpg
その上に雪の際は塗り残し雪の影に薄紫や南天の赤が反映して出来た薄い南天の色を置きます。


e0309795_18415966.jpg
乾いてから南天と雪が被さって濃く出ている所を先ほどの色より濃く塗ります。
出来上がりの画像が違いますが、こんな感じに透明感の在る雪の感じが出ます。
e0309795_19231192.jpg
この画像では綿棒でハイライトが出来ていますが
実が乾いてから綿棒を一度濡らし、余分な水分を取ってこすり取ります。
e0309795_18420784.jpg
さて下描きをします。
e0309795_18414576.jpg

南天の実の色は、私はブライダルローズ(ルミナス)とバーミリオンヒューと
少々のマンガニーズブルーノーバを使いましたが色は好きな色で良いと思います。
始めにマスキングをします。
バックは使った色を主で塗ってみました。
マンガニーズブルーノーバとブライダルローズ(ルミナス)と少量のサップグリーンを使いました。
e0309795_18423892.jpg
薄い色で紙の上で混色水のスパッタリングをしました。
南天の上の部分、上で説明したように描きます。
e0309795_18425405.jpg
その後葉を描いて、マスキングを取ります。
e0309795_18431190.jpg
最後に綿棒で、光の当たっている部分を抜きます。
e0309795_18432068.jpg
そうすると南天に立体感が出ます。
今回生徒さんに、写真では奥に写っている部分がぼやけて遠近感を出しているので
実を描く時初めから後ろの南天をトーンダウンして描いた方が良いのではと質問
その描き方も在りますが、今回は時間短縮でスプレーで色を落とす方法があると
実践しました。
この方法は生徒さん、せっかく描いた絵の色を落とす事が中々出来ません。
手元に在った生徒さんのスプレーを借りて落としました。
チョット落とし過ぎましたが(笑)
e0309795_18433049.jpg
出来上がりです。
生徒さんには、大きくコピーした下描きと、小さい下描きを渡しました。
練習なので生徒さんには大きい方を使ってもらい
私は小さい方を使いました。
左側の余白が気になり実を増やしました。
e0309795_18435115.jpg
最後に自宅教室の様子です^^
e0309795_18433948.jpg


来年の予定

3月11日から16日  水彩の饗宴Vo1.2 3人展


4月17日から23日    JWS本展


4月25日から29日    フェブリアーノ出展


5月29日から6月4日   2019「花のゆくえ」横浜展


8月19日から24日      Emotion2019


9月2日から7日       2019「花のゆくえ」東京展


よろしくお願いします。



# by mtsk6451236 | 2019-01-25 20:02 | 2019年風景画 | Comments(0)

2019年初仕事^^那須の渓流の過程

Watercolor 56cm × 38cm
水彩画56cm×38cm
場所 那須 飛竜の滝のある渓流です。
ファブリアーノに同じ場所の横構図を出展しました。
その作品は行きっぱなしになるので
気に入っていた景色なので縦構図で描いて見ました。
仕上がった絵です。
e0309795_14353172.jpg
この写真が現場です。
決して大きい渓流ではありません。
e0309795_08135397.jpg
最初は下の方を、ぼかしたり流したりしようかと、思っていたのですが
予定変更で、さりげなく鳥を入れ込みました^^
始めに下描きをしてマスキングをします。
写真撮らなかったので、この絵は縦長下の方に透明ファイルを張って汚れなくしてあります。
e0309795_14344750.jpg
この絵も苔の岩ですので塩を沢山振りました。
横構図の絵は、水彩絵の具の水の量をいろいろ加減して遊びましたが
今回は全体に水の量を控えて細かい苔の模様にしてみました。
まず岩から描き始めました。

e0309795_14345524.jpg
上の光の当たっている部分、注意深く描きます。
中段迄岩を描いたら、渓流の水を流します。
e0309795_14350372.jpg
何故かというと一番下の岩が濃い色で描きますので、
先に薄い色の水を描いておくと
間違っても処理が楽です( ´艸`)
e0309795_14352129.jpg
水を流し終わったら、最後に左わきの岩と、
いたずらに入れた鶺鴒を描きました。
出来上がりです。
e0309795_14353172.jpg


来年の予定

3月11日から16日  水彩の饗宴Vo1.2 3人展


4月17日から23日    JWS本展


4月25日から29日    フェブリアーノ出展


5月29日から6月4日   2019「花のゆくえ」横浜展


8月19日から24日      Emotion2019


9月2日から7日       2019「花のゆくえ」東京展


よろしくお願いします。


# by mtsk6451236 | 2019-01-18 14:57 | Comments(0)

新春の富士山とその他

遅ればせながら新年あけましておめでとうございます^^
Happy New Year.
Japan's Mount Fuji is very beautiful mountain.

毎年恒例のお正月家族旅行に富士山の展望が
最高の鐘山苑に行きました。
このホテルはお庭がとても素晴らしいのと富士山が目の前と言う事で気に入っています。
着いた日の次の日、旦那さんが折角来たのだから朝山中湖に日の出を見に行こうと
結局行ったのですが、ホテルからの富士山が最高で
何枚かアップします^^
部屋からの朝7時頃の富士山の朝焼けと
e0309795_21021621.jpg
昼間の富士山です。
e0309795_21022509.jpg
前回来た時夕焼けがとても綺麗だったので、外に散歩に行きましたが
日の入りの角度が違ったみたいであまり色が変わりませんでした。
でも、段々畑のあぜ道に登ったら逆さ富士が見えました^^
e0309795_21023422.jpg
とてもラッキーと次の日の朝早く朝焼けと逆さ富士を見に散歩に行って写真を撮りましたが
もっと赤く変わった富士山も有ったんですが綺麗に逆さ富士が写っているのはこの写真です。
e0309795_21025024.jpg
昨年12月中場から身体の調子を悪くして
安静にしていましたか
お陰さまで、大分元気になってきています。
いろいろ御心配おかけしました。
今年は少しセーブしながら活動しますので、よろしくお願いいたします(*^^*)
e0309795_21030124.jpg

e0309795_21031477.jpg
2019年4月に開催されるファブリアーノ展に参加させて頂くことになりました。
この祭典は年々規模が拡大しており、ユネスコの文化事業の部門に指定されました。


来年の予定

3月11日から16日  水彩の饗宴Vo1.2 3人展


4月17日から23日    JWS本展


5月29日から6月4日   2019「花のゆくえ」横浜展


8月19日から24日      Emotion2019


9月2日から7日       2019「花のゆくえ」東京展



# by mtsk6451236 | 2019-01-16 21:18 | その他 | Comments(0)

12月自由課題の過程・干支・モミジ・夕焼け

Lesson process in December
Play with watercolor play ^ ^

12月の自由課題と称した水彩水遊びの作品です。
色重ねで割と簡単に描ける綺麗なモチーフを選びました。
水彩の基本を踏まえてあそびました。
始めに来年の干支猪この絵の過程は撮り忘れました。
実は12月に入って脊柱管狭窄症の症状と変形性膝関節症の症状と風邪をひきまして
鬼の霍乱を起こし、いつものお店に土鈴を買いに行けませんでした。
で( ´艸`)12年前の干支の猪と猪の字を組み合わせました。
漢字はPCの無料画像から少し変えて使いました。
e0309795_21183541.jpg
この猪には七福神が背中に載っていましたので、それが見えないように漢字を配しました。

12年前の土鈴を無料画像から漢字を少し形を変えて、字の中は塩で変化させました。

e0309795_21381613.jpg
さてモミジを描きます。
このお画像はFBの友人から使わせて頂きいました。
e0309795_21152273.jpg
この絵は、バックを2~3色、色を置いて水のスパッタリングで雰囲気を出します。
e0309795_21153875.jpg
モミジのバックにある薄い色の葉から描いて行きます。
e0309795_21154575.jpg
描いて行くうちに初めの葉は乾いてきますから乾いてから次に濃い色の葉を描きます。
                     
e0309795_21155307.jpg

重なった所は影のようになって溶け込みます。
e0309795_21160137.jpg
葉をみんな描き終わったら、枝を描いてお終いです。
簡単でしょ^^ちなみにモミジの色はバーミリオンヒューとブライダルローズ(ルミナスピンク)です。


夕焼けを描きました。
これは空の練習です。いろいろな色が入った空とシルエットになった木です。
縦に使いましたが上四分の一はカットします。
まず紙を濡らしてマンガニーズブルーから空を描きます。
e0309795_21163074.jpg
マンガニーズブルー・イミダゾロンイエロー・パッションオレンジ・ルミナスピンク等で空に色を入れ込みました。
これは濡れている状態です。

e0309795_21163764.jpg
乾くと少し色が薄くなってこんな感じになります。

e0309795_21164511.jpg
e0309795_21165525.jpg

完全に乾かして手前のグレーの雲を描きいれます。
まず薄い雲の色で描き、乾かないうちに影の部分の少し濃い色を入れ込みます。
e0309795_21170288.jpg
地面の後方に山並みを入れますが地平線に当たる所に水の線を描きます。
そこに接するようにグレーで山並みを入れますが、水と接触する事で下も部分がボケて遠くにいきます。
乾かして木と大地を描きいれます。
e0309795_21171198.jpg
木の太い幹を描きいれて、そのまま一気に大地を塗ります。
左側に大地の盛り上がりを描きいれました。
その部分に水彩絵の具を多めに置いて、カードの角か筆の後ろが平らになっている物で引っ掻きました。
e0309795_21173389.jpg
これで出来上がりと思ったのですが、寂しいので空に鳥を飛ばしてみました。
e0309795_21174337.jpg
そうする事で空間に奥行きが出ました。
今年の教室はこれで終わりです。
自由課題の時は水彩遊びを兼ねて、水彩の基本を意識して描いています。
参考になれば嬉しいです^^

では良い年末年始をお過ごし下さい。
来年もよろしくお願いいたします。

来年の予定

3月11日から16日  水彩の饗宴Vo1.2 3人展


4月17日から23日    JWS本展


5月29日から6月4日   2019「花のゆくえ」横浜展


8月19日から24日      Emotion2019


9月2日から7日       2019「花のゆくえ」東京展




# by mtsk6451236 | 2018-12-21 22:31 | Comments(0)