古き宿場町川越の過程Ⅱ

2012年 アルッシュF30号

川越に取材に行った時、良く晴れていて観光客が沢山

これは描けないと(笑)

友人と散歩を楽しみました。

夕方近く帰ろうとしたら突然の雨、店の中は照明が付いて明るくなり

道路にその光が写り込む・・・・・これなら描けるかもしれないと(笑)

友人は絵を描かないので数枚写真を取りました。

そこから大変。写真じゃ瓦の構造が解らないネットで資料を集めようやく描き始めましたが

部分部分暗くて良く解らない処を又調べながら・・・・こりゃ大変と

只珍しく夫が良いなこの絵の一言で描き上げたようなものです。

自分自身描けるんだと…チョッピリ不思議な気が。

でも雨とウインドウの光と夫の一言が描かせてくれたのだと思います。


e0309795_1413725.jpg


e0309795_1424070.jpg


この後額やさんのウインドウの中の商品の絵を描いたり、修正をして出来上がりになります。

後で又アップしますのでよろしくお願いします。




いつもありがとうございます。

よろしかったら↓ボチッと押して頂けるととても嬉しいです。
[PR]
by mtsk6451236 | 2013-03-27 14:09 | 古き宿場町川越 | Comments(0)
<< 古き宿場町川越の過程Ⅲ 古き宿場町川越の過程 >>